今回はちょっといつもと違った案内状と内容の展覧会となりました。終わってみて思ったこといろいろあります。このような展覧会初めてだったのでどうなるかとちょっと不安もありましたが一度やってみたかったのでチャレンジしてみました。今までは視覚に訴えるモノ、例えば洋服であったり、小物であったり、食器であったり、などなどが中心となっていました。それに比べキャンドルやアロマというのは視覚と言うより精神を重視したモノのような気がします。灯りで心が癒やされたりアロマの香りで心が落ち着いたりします。どちらも静かな時間の中でゆったりと楽しむもの。今回来店下さった方々は本当にキャンドルが好きな方、アロマの香りを楽しんでいる方々でした。実は私もアロマに興味を持ち出したのは最近のことてます。ちょっと精神的に疲れているとき友人が部屋にスプレーするアロマをプレゼントしてくれました。これを2、3回ふきつけると気の流れが良くなるよいって持ってきてくれたのです。ふきつけるといい香りがして気持ち良くなりました。こんな所からアロマに少しづつ感心を持つようになったのです。この間も京都に出かけた時アロマ関係のお店が
あちこちにできていてびっくり。今流行りたんでしょうか?期間中、私も香り作りに参加、知らなかったハーブの効能ゃオイルのことなどいろいろ教えでいただきとても勉強になりました。ハーブも昔は薬として使われていたんですね。これから長い付き合いができそうな分野だと思いました。またキャンドル作りも楽しかったです。一人として同じモノにならないのは個性なんでしょうかねえ〜。以前パリに旅行で行った時、あちこちのお店にいろんなキャンドルがおいてあって、あまりにきれいなのでいっぱい買ってきたのを覚えています。その当時はまだ日本でキャンドルというとクリスマス前後に見かけるくらいで普段はほとんど見なかったものでした。そんなこともあってかキャンドルに対してあまり感心がない人達も多いと思います。アロマもキャンドルもいつか消えてなくなります。でもこんな時代だからこそ、ほんの一時の時間でも電気を消してキャンドルとアロマの香りの中でお茶をのみながらゆったり食事をしたりお話ししたりして時間を過ごすのもまた自分を見つめなおす良い機会ではないでしょうか。野草料理と一緒でこれも目には見えない贅沢の一つだと思います
。本当にの贅沢ってきっとこんな時間がもてることなんでしょうね。キャンドルナイトディナーで庭いっぱいねキャンドルをみてお客さんが帰りたくない、ここに泊まりたい、いやされるといって下さいました。こんな一時を持つことができて本当によかったと思います。また来年9月に予定しています。もっと沢山の人達にキャンドルとアロマに包まれたゆったりした時間楽しんでいただきたいと思います。私たちの身近にいつもある・・・そんな存在になる日も近いことを願って・・・。ほんの少しの興味が知識を作り人生をより豊かに楽しくする・・・そんな生き方これからもしていきたいと思います。
[PR]
by tsukinoyama | 2012-07-01 18:47 | 橋詰のりこ日記

講演会に行ってきました

29日の金曜日、若杉友子さんの講演があったので行ってきました。この日、130人ほどが参加。顔見知りの人や久しぶりの人との出会いもあり、親しくしてる人達は興味あることも同じなんでしょうね。若杉さんは現在、京都府綾部で自給自足の生活をされ野草と食養料理で日本の昔からある食生活や知恵などを伝える活動をし全国で講演をされています。こんな近くでお話しを聞くことができ本当に感謝です。話の全てが勉強になりこれから実践していきたいことばかりでした。私は滋賀に来てから食に対して感心がより深まりました。お店で食事を出してるということも多少あるとは思いますが、やはりとりたての旬の野菜がすぐに手に入ることが大きいと思います。名古屋にいる頃はスーパーでしか買うことができなかったのですが、こっちにきてからは食が贅沢になったと思います。新鮮な旬の野菜がいっぱい食べられるのは本当に贅沢なことです。春にはつくしやヨモギ、ふきなどいろいろ採りに行きます。タケノコも今年は沢山料理しました。滋賀にきてから、お味噌作りや漬け物作り、麹屋さんもあるので甘酒も作ったり、梅ジュース、きんかんジャム、しそジュースと手
作りをして美味しく頂いてます。私はまだまだ未熟で勉強不足ですが食べ物の陰と陽をしっかりマスターすることからスタートかもしれません。毎日が難しかった玄米ごはんこれからはメインに変えて生活していこうと改めて感じました。もうすぐ夏野菜がいっぱいでてきます。ゴーヤの佃に、きゅうりのきゅうちゃん漬け、梅干しと保存食作りがいっぱい待ってます。本当に昔の人は凄いですね〜。みんな手作りでしてたんだから。神様が地上に与えて下さった贈り物の野草は毒にも薬にもなります。知識があればそんな野草を美味しく食すことができます。高い野菜を買わなくても庭にある野草を使えば経済的で体にも良いです。これから私たちもうまく利用し料理して薬やお医者さんに頼りきらない生活をしていきたいものだと思います。
[PR]
by tsukinoyama | 2012-07-01 13:58 | 橋詰のりこ日記

座でなごむ琵琶湖のカフェ&ギャラリー