今年最後の営業です

二十三日、二十四日の営業をもって年内の営業は終わりになります。平元さんの手織りのマフラーや服を展示してますので時間ありましたらのぞいて見て下さい。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-22 10:31 | 橋詰のりこ日記

滋賀医大での再検査の結果が水曜日にでました。心配していた菌ではなかったので一安心。そこで今週はお店を開けることに。今月は絶対安静といわれ一周目の土、日曜日はお休みしました。皆さんにもいろいろご心配をおかけしましたが、あとは傷口がふさいでくれれば心配ないと思います。今年もあと少し、あまり無理せず、体調を整えていきたいと思います。いろいろ心配くださった平元さん、田中さん、ありがとうございました。又、私が吐き気をもよおしねこんだ時にライトのセッティングやらをしていただいた佐々木さん、ありがとうございました。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-15 22:32 | 橋詰のりこ日記

d0031619_22133030.jpg

久しぶりに奥島くんからの電話。体調わるいので心配してくれてるみたいです。顔みてお話したいからうかがいますとのことだったので、それじゃ夕ご飯ありあわせで作るから一緒に食べようということになりました。ありあわせにしては豪華になったねと話しながらゆっくり食事をしながらおしゃべり。つぎからつぎと話しもつきません。心配してたより元気でよかったとうれしい言葉。奥島くんにはヘムスロイドに出店するときも荷物をはこんでもらったり、道中私の運転があぶないので運転してくれたり、時間が都合つくときはイベントのお手伝いをしてもらったりと、いろいろお世話になってる友人です。彼は細かい所まで気がつく誠実な人柄。私もなっちゃんも、大切にしている人の一人です。来たとき手に鉢植えをもってました。はい、プレゼントと差し出されみると、赤紫の欄の花。元気になって下さいね。といわれました。ついこの間も平野さんからお花をいただき、次は欄の花、つづけて二人の男性からお花のプレゼントなんて、きっともう一生ないかもなんて思ってしまいました。奥島君、ありがとう!今度は奥島くんが手料理をご馳走し
てくれるといっていたので今から楽しみです。さあ、元気にならなくてはね。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-15 22:13 | 橋詰のりこ日記

d0031619_10303626.jpg

詩の朗読会に来てくださった月の山のお客さんの平野さんからとてもきれいで豪華なお花をいただきました。月の山のブログを見て私が体調を悪くしてるのを知り元気を出してもらおうと、花の色も黄色でまとめたのだとか。花束をうけとると、その鮮やかな黄色が目に飛び込みとても元気になりました。こんな豪華な花束をいただくのは久しぶり。平野さんの暖かい心使いが心にしみました。早く体調整えて元気になりますね。本当にありがとう。毎日お花、ながめてます。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-14 10:30 | 橋詰のりこ日記

d0031619_23511984.jpg

[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-13 23:51 | 橋詰のりこ日記

お祝いの料理たち

d0031619_23492824.jpg

[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-13 23:49 | 橋詰のりこ日記

結婚一周年記念パーティ

d0031619_23465172.jpg

原田さんの朗読会終了後に、いつも月の山のイベントのお手伝いをしてくれてるなっちゃんが、この日、結婚一周年なので、お祝いの食事会をすることにしました。前もって余分に作っておいた料理に又少し作りたして、お手伝いをしてくれた人たちとうちわだけのパーティです。なっちゃんには内緒でケーキも注文して、だんなさんとなっちゃんには、二日前に手織りのマフラーを作りプレゼントするこてにしました。気にいってもらえるか不安でしたが、喜んでもらえて一安心。名古屋からお手伝いにきてくれた朝ちゃんもシャンバンを買ってくれてそれで乾杯しました。原田さんご夫妻も一緒にお祝いに参加して下さり楽しい記念パーティができました。午前1時ごろお開きになり、お風呂に入ってから朝ちゃんといろいろお話していたら、もう5時に。一日に二つのイベントをした充実した日でした。疲れがでないようにしなくては。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-13 23:46 | 橋詰のりこ日記

少し小雨の降る中のライブとなりましたが、原田さんの友人や知人など沢山の人々に起こし頂きました。前もって行われたフルに通したリハーサルには立ち会って聞いていたのですが当日は残念ながら食事の用意に忙しく二階の台所でずーと仕事をしており聞くことが出来ませんでした。でも皆さんよかったとおっしゃってられて、原田さんもほっとされたのではと思います。実は私も詩の朗読なんてしたことがないのでどうなのだろうと、話しをいただいたとき思いましたが、生の音楽や映像をプラスさせてやると面白く出来るかもと思いました、次回は映像もあわせるとまたイメージが膨らみ見てくださる方たちもその世界に入りこめるような気がして、やり方次第でどんどん広がりをみせる世界のように思います。これからの原田さんの活躍が楽しみでもありす。リハーサルで聞いた時なんか一人芝居をみているような感じでただ詩の朗読とは違った深さを感じました。ギターを弾いてくださったあべまつさんも原田さんの詩をよく理解され詩と音がひとつになっていたので力が2倍になった感じです。あべまつさんのお力も大きいと思いました。

食事はビュッフェ形式でしたので、料理、十八種類を作り大鉢、大皿に盛り取り分けて食べていただきました。沢山あった料理も全て完食してもらえ、作り手側にはうれしい限りでした。又、私一人で準備は大変だろうと名古屋から前日かけつけてくれた朝ちゃんありがとう!本当に助かりました。私ひとりで五十個以上ものフライの衣づけを何種類も作ったり揚げるだけでも大変だったのに、二人で分担してできたので時間的にも大助かりでした。
それから私たちが間際まで料理作りに専念できたのも、カフェのセッティングやドリンクなどのおもてなし全般を全てしてくれた、なっちゃん、池田さんのお陰だとおもいます。本当にいつもありがとう。いい友人をもって幸せです!
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-11 13:44 | 橋詰のりこ日記

安静三日目

とにかく横になってることといわれ、寝ることにしていますが、台所に立つこともだめ、てんやもんをとって食べなさいとのことだったので病院帰りにインスタントものを買い込み帰りました。でも毎日では飽きてきました。普段あまり出来合いのものを買って食べないのでやっぱり自分で作った方がおいしく感じます。作ろうと思い台所にたったんですが、検査のため切った傷口がずきずき痛み出し断念。料理が好きな私には辛い日々です。それに三日も横になってるのも大変、気分転換に外にでたいな~。
[PR]
by tsukinoyama | 2006-12-01 16:19 | 橋詰のりこ日記

座でなごむ琵琶湖のカフェ&ギャラリー